最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


                                        
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 |
週刊少年ジャンプ25号感想
 新連載第二弾。今回も感想が少なめです。申し訳ありません。



・ジャンプ魂
okure


http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007051900026&genre=C1&area=K00


・瞳のカドブレパス
1話 志村時生

中学の頃カッコいいと思って
怪我もして無いのに目から血涙流して、突然左目を押さえて
「ん・・・む・・・痛てて・・・」とか言いながら息をを荒げて
「奴等がまた近づいて来たみたいだな・・・」なんて言ってた
おとなりさんの女子高生に「何してんの?」と聞かれると
「っふ・・・・カトブレパスの瞳(自分で作った設定で俺の持ってるスタンドみたいな奴)を持たぬ物にはわからんだろう・・・」
と言いながら人気の無いところに消えていく


 「『カトブレパスの瞳』見られた相手は死ぬ。」「K都守護家」「死時滅る瞳」など清々しいまでの中二設定に噴き出してしまいました。「少年ジャンプ」に連載している漫画なのでこういう設定は多少ないと面白くないので、中二設定そのものが悪とはいえないのですが、

・ブリーチをベースにマガジンの漫画っぽい絵のタッチからいきなりジョジョ絵に変化するキャラクターデザインの節操の無さ
・ネウロを意識した欄外のタイトル挿入
・「実はおとなりのでかい寺の御曹司だった」という逆タカヤ

 などのパロディっぷりから「瞳のカドプレパス」はひょっとしてギャグ漫画ではないのだろかと思ってしまいました。インパクトのあるシーンが無かったのでネタ漫画としては流行りそうにありませんし、まだ第一話なのでこれで評価を決めるつもりはありませんが、この方向でさらにデカイ一発があれば、設定に笑いを見出す高度なギャグ漫画として読んでしまうかもしれません。


・ONE PIECE
456話 氷の国から来た魔人


 ブルックの設定が王道すぎて主人公を食いかねない勢いのカッコよさになってきました。見た目があまりにもイロモノなので、設定のギャップとあいまって強調されているんだな~と思ったり。
ベタだとはいえ、同キャラ対決って燃えますよね。影ゾンビの性質上「コピーは所詮コピー、オリジナルは越えられない」ってことは無さそうですし。


・アイシールド21
233話 LIMIT BREAK



・NARUTO
354話 動き出す者たち



・家庭教師ヒットマン REBORN!
145話 入江正一 その2



・BLEACH
276話 ユナイデッド・フロント 2[レッド&ホワイト]

石田「アスタ・アキ ザエルアポロ・グランツ」

まだザエルアポロって卍解していないから生きている可能性が高いです。ここは今週のストーリーの感想を無視して、生きていたザエルアポロの挑発スピーチを考えましょう。

<キーワード>
「スエルニー」「うるさいぞッ!!!」「クハハハハハハハハ!」


・第48回 十二傑新人漫画賞審査結果発表

 ちょっと前に「大学漫画」という雑誌で、茨城編集長が「なかなかいい新人が現れない」「もっと設定を練りこんで欲しい」という要旨のインタビュー記事が掲載されていました。「いい新人を編集部が見逃しているのかもしれない」ということも言及していたことから、この話は今回の「受賞者無し」ということを暗示していたのでは無いかと思っています。
非常に残念な結果でしたが、次の企画でより良い新人漫画家先生が発掘されることを期待しています。


・ぼくのわたしの勇者学
2話 茨城ムチコ



・サムライうさぎ
11話 夫、かくありき


 前回の「サムライとしてでなくシノの夫としての試合」の答え。ゴスケの決意は先週の時点で出来ていたため、松山との問答だけだと先週の繰り返しになってしまうだけで退屈な内容になってしまいそうでしたが、シノを作中に挿入することによってキメゴマが引き締まって見えました。

 気になったのが回想シーンの吹き出しで隠されていた松山の目。過去回想と現在の関係を考えると怪我したのはこのときなのでしょうか?


・P2! - let's Play Pingpong! -
32話 プールDE卓球


 「無駄な動きを無くせば疲れなくなる。」

 最近、P2!とアイシールド21がスポーツ漫画として考え方が対極の立場にある感じで面白いです。アイシールドはスタミナをつける手段としてオーバーワークによる超回復を利用する「デスマーチ」を採用していましたが、P2!では逆に科学的な方法で練習しています。
科学的練習の欠点として、アイシールドはアミノ高校。
オーバーワークの欠点に、P2!は大熊先輩がいます。
どちらの練習も一長一短なんですね。


・ムヒョとロージーの魔法律事務所
118話 秘策



・エム×ゼロ
51話 クラスマッチ 15



・銀魂
165話 策士 策に溺れる



・BLUE DRAGON ラル・グラド
22話 Doll



・テニスの王子様
345話 リョーマはいずこ



・こちら亀有公園前派出所
?話 ガラスばりだよ人生は



・魔人探偵脳噛ネウロ
109話 遭【であい】


 アイの秘密。公開。

 本編が謎をばら撒く段階だったので、こういう核心に触れるエピソードが入っていると適当に流し読みできなくなるから困ります。いや困らない。

 隣の乗客の姿が一コマごとに変化するギミックは松井先生らしいと思いました。

・バレーボール使い 郷田豪
10話 蘭丸


 「郷田側のゴールに蘭丸が細工をして、ゴールに入らないようにした。」と予想します。そうすれば、「バレーボールのフリースロー勝負で郷田をボコボコにする」というCJの思惑と矛盾が生じてしまい、勝負はノーコンテストになると。
不条理ギャグと思わせて、ムダに細かいこと考えているのが「郷田剛」の特徴なのでありえそうだな~と思いました。

・D-gray man
118話 魔-a devil―



・To Loveる
52話 最強のモテ男


 最後のコマでリト以上に後輩君をかわいそうだと思ってしまいました。一縷の希望をズタズタにしちゃう感じで。

・新説ボボボーボ・ボーボボ
67話 驚愕!柊の実力!!


 やっぱりスクール水着か!

 前々からライスっぽいとは思っていましたが、さらに乳首に穴を開けてうなぎに噛ませることでより変態っぽさを出すことに成功しています。

hiragi

右上のうなぎがどうやって生きているのか知りたい。

・ぴゅーと吹く!ジャガー
285話 感動をありがとう
スポンサーサイト
                                        
2007/05/21 00:30 | ジャンプ感想 | Comment(0) | Trackback(0) |
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kukatoyo.blog98.fc2.com/tb.php/11-ea583af4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。